キャッツクローとは

キャッツクローについてご紹介します。

キャッツクローとは、アカネ科カギカズラ属に属する大型のツタ植物で、高さ20m程度にまで育ちます。

ペルー東部にある熱帯雨林ジャングルの中でも標高500~600m位の日当たりの良い所で自生している野生種ですが、現在では一部栽培されている所もあるそうです。

その実は茶褐色をしていて、葉の付け根にはネコの爪のようなトゲが生えているので、
キャッツクロー(ネコの爪)と呼ばれています。

成分や臨床実験などの研究が進み、キャッツクローは1994年にWHO(世界保健機構)から薬用植物として取り上げられ、世界的に注目を浴びる植物となりました。

ふしぶしでお悩みの方必見 腰痛・関節痛に【キャッツクロー】

腰痛・関節痛に キャッツクロー
posted by Cat'sclaw | キャッツクローについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。