キャッツクロー 効能

キャッツクローの効能についてご紹介します。

キャッツクローは。大きく分けて2種類存在します。 
ウンカリア・トメントサ種とウンカリア・ギアネンシス種。
どちらもキャッツクローとして認められています。
現在、市場にでているキャッツクローは、この2種の混合品が主流のようです。

キャッツクローの最大の特長は、樹皮に含まれる6種類のアルカロイドです。
アルカロイドとは、植物中に含まれる塩基性の物質の総称です。
イソテロポディン、ミトラフィリン、テロポディン、リンコフィリン、
イソミトラフィリン、イソリンコフィリン、
この6種類のアルカロイドは、化学合成でも同じものを作れないという成分比率を持って
います。

アルカロイドは、免疫力を高める効能や身体に侵入した細菌やウイルスを殺し、癌細胞等を増殖させない働きを持っていると云われています。

ふしぶしでお悩みの方必見 腰痛・関節痛に【キャッツクロー】

腰痛・関節痛に キャッツクロー
posted by Cat'sclaw | キャッツクロー 効能

キャッツクロー ちから

キャッツクローのちからをご紹介します。

1.キャッツクローには、免疫バランスを整えるちからがあります
食生活やストレスなどの生活習慣によって免疫バランスは崩れます。
免疫力が低下することで、風邪やインフルエンザをひき易くなり、反対に免疫力が高上し
過ぎると、自己防衛のためアレルギーや花粉症などの症状を惹き起こします。
健康のためには、免疫バランスを整えることが必要なのです。

2.キャッツクローには、関節痛を和らげるちからがあります。
キャッツクローの有効成分には、キノビック酸グルコシド・アルカロイド・ステロインなど
が含まれています。特にキノビック酸グルコシドには抗炎症作用があり、更に血流促進するアルカロイドなどの相乗効果で、炎症性を伴うリューマチ・関節痛・腰痛・肩こり・神経痛に良いと云われています。

3.キャッツクローには炎症を鎮めるちからがあります。
炎症は、有害な刺激を受けた時に起こる、免疫機能の防御反応のことを云います。
キャッツクローに含まれるアルカロイドは、免疫機能を高めて正常化する作用があるので
アルカロイドは、根本的な原因の改善に大きく役立ってくれるのです。

ふしぶしでお悩みの方必見 腰痛・関節痛に【キャッツクロー】

腰痛・関節痛に キャッツクロー
posted by Cat'sclaw | キャッツクロー 効能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。